読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

思ひ出ぽろぽろ@タイ

やっと、やっとseesaaブログからはてなに記事を完全移行できました…!

ブログのお引越し完了!!…と言いたいとこだけど、画像がまだなんだけどええとそのうち

きっとそのうち(しろめ

 

地道に一記事一記事飛ばすという作業はめちゃくちゃ時間がかかったし大変だったけど、おかげで過去記事を読み返すことができたりして、

私タイに来てほんとなにもしてなかったなぁ…

じゃなかった、

ほんと色んな人のお世話になって、すごくすごく良くしてもらって、

なんて幸せ者なんでしょうと思いました。

 

ついでに息子さん1の成長してゆく過程なども思い出し、うふふってなりました。

ブログ書いててよかった!for me!

今後ももっと子供のこと書いて自己満に浸ろうと思った次第です。

 

ついでにうっかり記事消してしまったりして復元できなくてちょっと泣いたけど。

(´;ω;`)ウゥ…

さらば思い出…

 

私の出発点、ノンカーイ

f:id:kenchuke0415:20160829142744j:plain

避難・移住する際に、私が最初滞在したのはタイの東北部ノンカーイです。タイのはしっこ。ラオスとの国境があるところ。

バンコクから600だか700km。(適当)

日本の秋田から、タイの秋田青森あたり?に引っ越したかんじです。

お散歩すると牛が道を横切るような村から移住生活がスタートしました。

右も左もわからず、サワディーカーとコップンカーしかタイ語がわからない状態からのタイ田舎生活。

今思うと楽しかったなー 貴重な体験したなぁと、しみじみ。

 

ブログ読み返したついでというか、懐かしくてありがたくてフフッてなったりしたノンカイでの記事をいくつか貼るのでご興味があれば読んでみてくださーい(*^^*)

 

ノンカーイの、ノンサガという村での思い出

f:id:kenchuke0415:20160829142910j:plain

日本人の旦那様、タイ人の奥様のご夫婦の家のお部屋を借してもらう形で1年半ほどを過ごした村。

他の避難者さんたちとの共同生活。

ご主人とママ(と管理人さん)にはほんとにほんとにお世話になりました。

遊びに連れていってもらっただけでなく実生活でもお世話になりっぱなし。色んなことを教えてもらい、協力してもらい。

ここで過ごせたことは、息子さんにとっても私にとっても、とてもとても大きかったです。

 

 

 



はじめての一人暮らしをしたターボという町

f:id:kenchuke0415:20160829143209j:plain

牛が道を歩いてる、ということはほとんどなかったターボ。

のどかさに欠けるものの、ノンサガよりはだいぶ便利でした。

初めて住んだアパートの大家さんにもとっても良くしてもらいました。

ご近所のママさんがビール大好きだったのと、大家さんが毎日飲んだくれていたので自然私も飲んだくれていましたが…w

アパートでできた友達もいい人ばかりで、楽しかったなぁ。

 



いやほんとに君は何しにタイに来たのと言われたらテヘペロするしかないんですが、

来た理由はどうあれ、むしろ来た理由が避難だからこそ?

「たくさん笑って生きたい」が原動力だし理に適ってるじゃないですかー!ていう。

子供たちが元気に成長する様を見てられて、嬉しいことこの上ない。

だってそのために来たんだもの。

 

おまけ 

タイに来て思うのは、タイ人子供にやさしい!子育てしやすい!ですね。

これはきっと前にも書いたことあるし在海外の人もよく言うし。

日本人が総じて子供に冷たいとは思わないけど、ここには全く違うあったかさがあるように思います。 

子供も親も、のびのびできるなぁ、と思うことが多々あります。

ブログを読み返してまたそう思いました。

日本は「許す」ということが、難しい国のような気がする。ちょっと淋しいことだなと思います。

 

夜行列車も楽しかったなぁ。て思い出に浸っていたらふとそんなことを思いました。


もちろん楽しいことだけではありません。

理不尽なことやうまくいかないこともたくさんあって、でもなんか「まぁいっか」で乗り越えられることがたくさんある。(気の持ちようw)

向き不向きがあるので、私はタイに合ってるだけかもしれないけど。

 

バンコクはバンコクで楽しい。

仕事してるし、コンド住みだし、日本人もたくさんいるのもあって、地元タイ人とのお付き合いはほとんどなくなってしまったけど。

バンコクで知り合えた日本人との時間も、会社のスタッフたちとの時間もかけがえのないもの。

ミーナちゃんもかわいいし。

すべてはあの時、タイに来たから出会えた人たち。

 

これからも良い思い出がたくさんできるといいな♪

 

f:id:kenchuke0415:20160829141555j:plain

 うひっ