読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

タイ人は謝らない。

「タイ人は謝らない。」て聞いたことありませんか。ていうか住んでたりしたら思ったことがあると思うんですよ。

これって本当なのか?

本当です。

 

タイ語の「ごめんなさい」の意味

https://www.instagram.com/p/SUR9AkAitz/

 

タイ語で「ごめんなさい」はขอโทษครับ(ค่ะ)コート― クラップ(カ)ていいます。

コー(ขอ)はお願いする、乞うという意味。

トー(โทษ)は責める、ですが、罪や罰といった意味もあります。

よって「どうぞ罰を与えてください」という意味になる。

オレが悪かったぶん殴ってくれ!みたいな、もっと言うとどうぞ処罰してくださいみたいな下手すると命に関わるぐらい重い言葉なので、軽々しく罪を認め謝ったりできないのだ!ってどっかで読んだんですけど、

ほんとかなぁ。w

 

実際、お店ですいませーんて声をかける時とか、ちょっと通してくださいみたいなExcuse meとしても使うので、余計にほんとかなぁ。wて思う訳なんですが。

 

お店で注文したものと違う料理が出てきた時

どうしますか?

取り替えてもらいますか?いいですいいですってそれ食べますか? 

日本だとたとえいいですって言っても店員さんが大変申し訳ございませんでした!!とか平謝りした上に作り直してくれたりしますよね。

でも海外で言葉が通じないとよく違うものが出てきちゃって、でも違うという説明すらできず、まぁネタになるからいっかぐらいの気持ちで受け入れることってあると思うんです。

 

じゃあ言葉が通じたら取り替えてもらいますか?

私は否です。

言えば取り替えてくれるのかな?わかんないけどもったいないから食べます。

もしゴキブリが入ってたとかだったら取り替えてもらいますが、髪の毛ぐらいなら余裕です。

あれ何の話?w

 

会社近くのお店にて

会社の近くにけっこうなご高齢のばーちゃんとじーちゃんがやってる食堂(屋台)があります。

ばーちゃんが調理、じーちゃんがお皿にご飯よそったり料理を運んだりしてサポート。

ふたりとも動きがゆっくりなのでちょっと時間がかかるけど、美味しいのでよく利用します。

 

久々にパッカナームーゴップ(豚三段バラ揚げとケール炒めたやつ)食べたいな~って思って行ったので、ばーちゃんにそう言いました。

f:id:kenchuke0415:20160902130752j:plain

 

たいしてお客さんはいなかったもののま~出て来ない。

アレあの人私の後に来なかったっけ?て人に料理が運ばれていくのを見て、忘れられたのではないかという不安にもかられ。

とうとう私以外のお客全員に料理が行き渡り、さすがにもう来るなって思って調理するばーちゃんの手元を見ても私の料理は作っている様子がない。

がっかりして外を眺めてたら、アツアツのラートナー(あんかけ麺)がテーブルに置かれました。

f:id:kenchuke0415:20160902131850j:plain

ぜ、ぜんぜん違うの来た…!

ものすごいカナー ムーゴップ食べたいのに!!

まだかなまだかなーって、おなか空いたなーって思ってたら違うの来た!!

とショックを受けた私は料理を運んで来たじーちゃんに「カナームーゴップ頼んだんだけど…」と言ってみました。

 

それを聞いたばーちゃん「ラートナームーゴップて聞こえたから!」

 

一瞬困ったじーちゃん「こっちの方が美味しい」

 

私「これでいいよ。。」

 

ちょっとタイ語ができると調子に乗って、たいして発音も良くないクセにパッカナームーゴップ(ผัดคะน้าหมูกรอบ)のパッ(炒める)を省略して「カナームーゴップ」って言った私が悪かったんでしょうね~すんませんウフフ みたいな。

なるほど「ラートナームーゴップ」と間違われてもしょうがないな~って

ラートナー食べましたよ。

もちろん美味しかったです。

すごい米が食べたい気分だったけど、いいんです。(´;ω;`)

 

食べ終わるとばーちゃんが「食べられたか。美味しいだろ。」って。

「ちゃんと言わないから」と言って笑ってた。

ついでにdisるなwww

っていうね。 

タイランドだね☆

 

私は日本で長く接客業に携わっていたので、なんというかこの死んでも謝らないタイ人の姿勢にたまに感心してしまうというか。

仕事上でもそうなので(全員ではないですョ)、ちょっと羨ましくもなります。

クセなのかすぐに謝ってしまうから私は。

謝ればいいってもんじゃないのはわかってるし、事実「悪いと思ってないでしょう」と指摘されたこともある。笑

お客様は神様ではないし、とても距離が近い。

私はタイのこういうとこけっこう好きです。笑えるしw

 

タイ人は本当に謝らないのか

本当って言ったけど、厳密に言うと軽いかんじでなら謝ります。

ちょっとしたミスとか勘違いとか、「コート―コート―あはは」みたいに謝ります。

でも状況によっては、プライドがけっこう高いので、「謝ったら負け」という気概もある気がします。

責任や不利益が発生する恐れがある場合、絶対に謝らない。というのが私個人の見解です。笑

 

タイ人とお付き合いしてる方なんかも絶対に謝らないって言いますねぇ。

絶対にということはない気がするけど、総じて感じるのは、とりあえず最初に言い訳をするかな。

うちの長男と一緒だな。笑

謝ったら立場が下になってしまいどんどん不利益を被るから謝ってはいけないんだという話も聞いたのですが、こういう精神構造もたくましさの秘訣なのかなぁ~

 

羨ましい、なんて思いつつも、多分私はこれからもすぐに謝ってしまう気がするけれど。