読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

タイ生活104日目。高級車。

近々、保育園からのお付き合いになる心の友(ジャイアンではない)が、バンコクに遊びに来ることになり、日程を合わせて遊びに行くことにした。

東方神起のおっかけである彼女が、台湾でのファンミーティングの後、急遽バンコクでのファンミーティングにも参加してくれることになり、付き合いは長いものの初海外旅行(?)が実現。

ていうかファンミーティングてなんやねん。って内心思ってるけど、彼女の行動力に感謝です。

 

そんな訳で、ウドンタニー空港まで1時間半の道のりを送ってくれとは言いづらい…せめてノンカイ駅なら40分くらいだしタクシーでもそんなに高くないし…という理由から、夜行列車で行くことにしてみた。

すぐ近くから夜行バスもありますよ、とのご主人のアドバイスは丁重に却下させていただき、日頃から電車に乗りたいと言いまくりの息子さんと12時間の列車の旅に挑戦することに。(ほんとずうずうしいな)

 

ネットでチェックし、購入ボタンを探すも見当たらない…

駅まで行かないと切符が買えないというアナログ仕様だった。

 

ので、本日ポー(ママのお父さん)がノンカイに行くというので、トゥーンさんの運転で一緒に連れて行ってもらうことに。

朝7時出発と聞いて6時起きしたのに、余裕の直前8時半に変更。

タイ人ブレない。

 

メコン川を眺めながら車に揺られ、駅に着くと、「新幹線乗るの?」とウキウキの息子さん。

新幹線は無理だけど、今度電車に乗るから、今日は切符を買いにきたんだよと言ったらめずらしく理解してくれた。

乗りたいって騒ぐかと思ったのに。

 

そしていざ、チケット売り場へ。

昨日の夜、管理人さんに発音を教えてもらいながら、「寝台列車」や「切符」「片道」などの単語を予習。

張り切って超カタコトのタイ語で話したら、窓口の駅員さんから英語が返ってくるという罠www

この辺バックパッカーだらけだし、そりゃ通じるよねwwwって、

隣の窓口で流暢な英語で会話してる西洋人を見ながら思った。

サザエでございまァす。

 

タイの電車料金は年齢ではなく慎重で発生するそう。

90cm以下は無料。

息子さん95cm。い…イケるか!?とか思ったけど、息子さんを数秒観察した後、駅員さんは子供料金を加算した。スルドイ。

ふたりで1,000バーツほど。2,500円くらい。バスの方が安いらしいけど、上野発の夜行列車に乗ったことがある私的には破格。

タイのBTSや列車の3等席は乗ったことあるけど寝台は初なので、どんなかんじなのかは乞うご期待です。

 

ホームに停まってた電車は、ラオス行きだと言っていた。

今度バスで行く予定だけど、電車っていう手もあるんだなぁ。なるほどなるほど。

 

切符を買った後は、ポーの用事が済むまでのんびり待って、帰りに大きめのスーパーに寄ってもらった。

欲しいけどどうしようかなぁと思っていた自転車を買うために。

自転車が欲しいと言ったらバイクに乗ればいいのにって笑われたけどねw

乗れないから買うんじゃー!っていう。

いずれは乗りたいけど…(自転車暑いから)

 

安い自転車はタイヤが小さい。タイヤが大きくて手頃なのはサドルを一番下にしてもつま先立ち。仕方なく程よいのを選んだら並んでた自転車の中で一番高かった…

3,000バーツ(約7,500円)もする高級車を買うハメに…!w

トゥーンさんにススメられた自転車は990バーツ(約2,500)ととってもお手頃だったけど、後ろに息子さん乗せれる仕様じゃなかったから却下した。

 

そしてこちらが本日私が購入した自転車です。

(´-`).。oO( だせぇwww

 

ちゃんと後ろの人が乗りやすいかんじになってるけどコレなんか懐かしい気がw

雨季だし活躍できるかは謎ですが…これで気軽におでかけできるようになったぜぃ☆v(´∀`*v)

てか帰ってきてから気づいたんだけど鍵がついてないぉーーー

そっこー盗まれるフラグだったらどうしよー