読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

メコン川沿い、いつものお店。

少し前に、お祭りに来て、もうここでいいじゃんみたいなかんじで入ったらおいしかったうどん屋さん。

つるつるの麺。あっさり味にニンニクとパクチーでうまうまのスープ。

ベトナム料理だそうです。

子供とふたりでひとつは絶対に足りないけど、ひとつ25バーツ(63円くらい)とお手頃で嬉しい。

 

一昨日健介が学校へ行っている間に、もうすぐ帰国してしまうママさんとランチに行ってきた。

食べていたらお店の前で焼いてた焼きいもを少しサービスでくれて、「これは日本語でなんて言うの?」と聞かれたので、覚えやすいように短く「芋」と答えたら店員さん大爆笑。

 

「イモwwwwww」みたいな。

 

店員さんもお客さんも笑ってて、わざわざ奥にいた人に教えに行ったり大盛り上がり。

何度も「イモw」と言っては笑うので、なんか絶対へんな言葉だー!とは思ったものの検討がつかずに、夜メールでご主人に「イモってなんですか?」って聞いた。

 

そのまま寝てしまって、朝開いた返信メールには、「聞いたことがあるようなないような、娘に確認したら女性器「ヒー」の俗語のようです。」と書いてあった。

「今後は薩摩芋と言った方がいいですね。」というアドバイスつきw

あざす☆

例え薩摩芋のタイ語がわからなくても、うっかり「イモ、アロ~イ(おいしい)」とか言わない方がいいなぁと、ひとつ勉強になりました。w

 

次回行ったらまた「イモwwww」って笑いながら焼きいもサービスしてくれそうだなぁ。

おいしいから是非食べたいけど。(買えばいいんですけどねw)

 

あとよく見かけるこのくじ(だいたいどこも主な商品はウィスキー、ビール、栄養ドリンク)。の、

目玉商品ぽいお札が地味に気になった。何故逆なのかも含め。

ていうかちょっと欲しい~ 偽物っぽいけど~(当たり前?)

鳥山先生はすごいすなぁ。

 

もう一軒、同じくメコン川沿いにあるカフェ。

バンコクならまだしも、なぜここにこんなオサレなカフェがっ!ていうかんじのお店。

ホールケーキ150バーツ(375円くらい。お値段はちゃんとこの辺価格♪)。

味もだいぶ日本のものに近くておいしい♡ので、誰かのお誕生日はここのケーキ♪( ´ ▽ ` )

小さいケーキも15バーツ~45バーツで、色んな種類があって選ぶのも楽しい。

おいC♡

 

店員さんも優しいし、

女子高生も優しかった。

 

うどん屋さんで「イモwwwww」って言われた日は、ケーキだけ買いに寄ってすぐ帰ろうとしたんだけど、バイク運転してたママさんが「鍵がない!」とか言い出して、

店員さんも心配してくれて私も一緒に床からケーキのショーケースから探しまくったものの見つからず。

え~なんで~とか言いながらバッグの中とか探してた彼女がかぶってた帽子の中から出てくるというオチだった。

 

なんでやねん!みたいな。

 

もちろん店員さんも笑っておりました。

笑いのセンスがあるママさんたちのおかげで毎日がHAPPYです。

 

最後に、お店じゃないけど日曜日のメコン川沿いに出る大きい市場で、恐る恐る買ってみた揚げパンが予想以上にサクサクふわふわでおいしかった~。

ほんと、パンとかケーキとか侮っててすいませんてかんじ。

上から目線だったことを深く反省しています。

 

明日はまた日曜日。

揚げパン買ってしまうフラグ。