読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

VISA申請旅行。(5ヶ月ぶり二度目)

先月末に長期滞在希望の母子がノービザで来タイ。

私はノンカイのイミグレーションであと30日延長が可能だったけど、延長は割り高ってのと、旅慣れてないと自力で子連れラオス旅行はなかなか大変なので、ほんのりツアコンも兼ねて改めてビザ申請をすることに。

前回一緒に行ったgirlちゃん母子も一緒に、ラオスに行ってきた。

 

日本でタイの観光ビザを申請する場合、書類を揃えるのがけっこうめんどくさい。

しかも最近はちょっと厳しくなってるみたいで、余計にめんどくさい。

日本で取って来たいという人には、ここのママに頼んで直筆のレターを書いてもらったりしてなんとか取れる、というかんじ。

その点ラオスの申請は申請書とパスポートと申請料があればできるので、ラオスに一泊というハードルが越えられればこっちの方が簡単。

 

今回は朝出るのがゆっくりになってしまい、午前中しか申請できないのに間に合うのかしらんみたいなちょっとハラハラなスタート。

ママのお友だちに国境の手前まで送ってもらい、バスで友好橋を渡り、ラオス側のイミグレに着いたのが10時半過ぎ。

イミグレからビエンチャンのタイ領事館までは車で30分程かかる。

12時までなはずだけど、12時まで行けばおkなの?もしや11時半とかで締め切られちゃうの?みたいな変な緊張感を抱いてるから、ただでさえ嫌いなイミグレーションカードの記入とか煩わしくて仕方なかった。

 

イミグレからタイ領事館までは、トゥクトゥクとかソンテオみたいなんで相乗りだとひとり50バーツ。エアコンつきのバンやタクシーだとみんなで300バーツ。が、待ち構えてるおっちゃんたちが言う相場。

安さよりもスピードを重視したいあまりタクシータクシーと寄ってきたおっちゃんの言い値で乗ることにしたら、見事なオンボロが登場w

まさかの窓全開。。助手席に乗ったママさんが勝手にエアコンを着けたら普通に消された。泣けた。

知ってたけどラオスの道路は埃っぽくて、これまた泣けた。

 

スピードメーターが多分壊れてて、40~50kmの辺りを常にブンブン振れまくってたのがおもしろくて笑えたけど。

「何キロ出そうがもうこれ以上いかないんじゃない?」「四十肩みたいなかんじ?」とか言いながらふざけてたら、11時半ちょっと前に領事館に着いた。

 

まずは写真準備完了のgirlちゃんママにみんなの番号札を取ってきてくれるようにお願いし、その間に領事館前の写真屋さんで写真を取ってもらい、パスポートをコピー(ラオスの入国スタンプがないとだめなので事前準備不可)。

電光掲示板の番号をチェックし、まだ100番くらい先なのを確認してから向かいのレストランへ。

二度目ともなると若干要領が良くなります。

どうやら12時に閉められたらもう入れないみたいなので、ごはんをテイクアウトして領事館のいすでランチ。

パイナップルの炒飯、息子さんと半分こ。と思ったのに、パイナップルしかくれなかった。。(。iεi。)

 

子供たちをおもちゃで遊ばせながら、しっかり記入を済ませて持ってきた申請書に写真を貼ったり最終チェックしたりしてたらあっという間に自分の順番に。

バンコクからのビザ取得ツアーが来るらしい月木を避けたのが良かったのか、到着から1時間も待たなかった。

ぼーっと2時間待たされた前回より格段に楽だった。

 

…が。

 

girlちゃんママが何故か水色っぽい水性ペンで申請書を記入してきてて、さらにハサミがない~と持ってきたデカめの写真を手でちぎって貼ったせいで見事に申請書を突っ返された。

そりゃそうですよねwwみたいな。

窓口のおにーさんがハサミもかしてくれたw

 

黒か青のボールペン以外はだめだ。12時半までだから急いで書き直せと言われ、子供の分の記入を手伝ってなんとか間に合わせた。ふぅ~やれやれだったよ。

「このペン消せるしいいな~と思って書いたんだけど、たしかに消せるペンていいのかなってちょっと思ったわ…」って言ってた。

だめでしょww

っていうね。

 

館内の窓口で申請料4,000バーツ(ふたり分)を払って、申請終了。

トゥクトゥクで予約しておいたゲストハウスに着いたら、前回泊まったゲストハウスの隣で笑った。

しかも前回の方が良かったw

 

各自子供をお昼寝させて、夕方みんなでメコン川へ。

お目当ては前回遊ばせた遊具。

無駄な体力は使いたくないので冒険はしない方向w

 

夕日が綺麗だったわ。

 

芝生で腕立てとかした挙げ句、遊具で本気筋トレする西洋人がいておもしろかったわ。w

 

お昼を食べ損ねておなかすいてたから、屋台で豚串と餅米つまみ食いして、まだ遊ぶ~!とか言う子供を回収して前回同様屋台でごはん。安上がりだし、レストラン探すのめんどくさかったし。

味は悪くないけど、油っぽかった!

まぁでも一度来てるから全体的にサクサク行動できて、疲労が少なかったので大満足。笑

 

ビザは申請翌日の午後13時~15時に受け取りなので、翌日の朝は少しのんびりして、ホテルでバゲット食べてから前回長時間居座った噴水広場前のカフェでコーヒータイム。

冒険はしませんw

でも今回は我慢できずにキッシュ食べた。(だってノンカイじゃ見かけないんだもん~)

おいしかった♡

 

11時にチェックアウトして受け取りまでびみょーな時間どうする~ってなって、暑いし歩き回りたくないからまたここに来ることに。

新しく来た2歳児ちゃん母子はでかけたいというので各自自由行動。

途中でgirlちゃんたちもカフェご来店。&girlちゃんソファでご就寝。

 

カフェのすぐ近くにあったこちらの麺屋さんが朝から気になってた私たち。

とは言え寝ている子を起こして連れていったら大騒ぎは目に見えている…ので、

あとで器を返しに来るからって言えばどんぶりごとテイクアウトできるんじゃない?そんでここで食べればよくない?作戦決行。

 

虻ちゃんに激似のやさしいおばちゃんはタイ語も英語もあんまり通じなかったので、お食事中のおねーさんに間に入ってもらってそこのカフェで食べたい旨を伝えると、なんと出前してくれることに。

持ち込む気は満々だったものの、出前とかいいの?いいの?とちょっとドキドキしてしまったよね。なにせ日本人だからね。

まぁしてもらったけどね。(基本的にずうずうしい)

めっちゃおいしかった!!

ベトナム麺ぽかったな。もちもちの麺。豚肉のダシの効いたスープもおいしかった。

またほとんど全部息子さんに食べられた。笑

 

2歳児ちゃん母子と合流してトゥクトゥクで領事館まで移動し、到着と同時に門が開いた。

もうすでに列ができてたし、番号札の機械が壊れてたっぽくて並ぶハメにはなったけど、たいして待たされることなく館内へ。

全員無事にダブルビザ取得の運びとなりました。

 

バンでボーダーまで行き、バスで橋を渡り、トゥクトゥクを乗り継いで帰宅。

めっちゃ疲れたー!

 

けど、

 

帰り道ずっと息子さんをだっこしながら車やトゥクトゥクに揺られてる間、すんごいしっくりくるかんじとか、ほっぺたのやわらかさとか、頭のにおいとか、まぁいつもいとおしいんだけれど、なんだか余計にいとおしくて。

日本から遠く離れたタイに来てもうすぐ9ヶ月。

ビザも取れて、まだしばらくここにいられるって思ったら嬉しくて、ずっと守ってゆきたいって改めて思って、何度もぎゅーってした。

 

先のことはわかんないし、お金ないし、基本がんばれないけど、なんとかしたいなぁ。と。

しないとなぁ。と。

毎日私をしあわせにしてくれる、息子さんに恩返しがしたいのです。