読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

タイ生活458日目。 เปลียน (プリヤン)。

เปลียน は、change という意味。 

今月で1学期も終わり。(タイは二期制です)

なんとなく節目です。

 

まずなにより、うちのアパートにWi-Fiがついたよー!!!!

友達とシェアしたから、月々450円くらいだよー♪

 

タイに来てからもうすぐ一年4ヶ月。

息子さんは今期で一年間通った私立学校を辞め、近くの公立校へ転校することに。

一応、有料というか、全部無料の公立校よりちょっとだけいい学校。笑

授業料は給食費込みで一年間1,000バーツ(3,000円くらい)。

半年なので1,500円。

入学金がたしか20バーツ(60円くらい)。笑

私立と違って外国人価格もないので、タイ人と同じ値段。そして何より激安。←ココ大事w

そして息子さんにとっては、大好きなgirlちゃんと同じ学校、というのが何より重要なようで。

 

公立校はタイ語ができないと大変なんじゃないかとか心配で、英語が通じそうな私立に通わせてたけど、

いつの間にかタイ人にはタイ語で話しかけたり、外食したお店のタイ人の子とすぐ遊び始めたりするのを見てたら大丈夫じゃん。て。

安くて家の近くの学校でいいやー

みたいな。

教育ママには到底なれないな。

 

冬休み明けの11月から、川沿いにある学校へ。

奥が川で見晴らしがいいので、なんだかとても明るく感じた。(全部無料の学校も見たけどなんか薄暗かった;)

ここは3歳~小学生までの学校。

今の学校は中学生もいるので、大きな子達が校庭でバスケやサッカーをしてるとなんとなく威圧感があったけど、小学生までだと随分雰囲気が違うなぁと思った。

 

こちらが幼稚園クラス。

 

次の学期からここに通いたい旨を伝え、パスポートと写真2枚を提出して入学手続きは終わった。

願書は対応してくれた事務の人が書いてくれるとのことで、サインだけした。

授業料も制服も次の学期が始まってからでいいよーじゃあねーみたいなかんじで、すぐに終わった。

タイだな~

こういうとこ好きだな~

 

公立校はスクールバスなんてもちろんないので、親が送迎、または各自ソンテオを契約して通う。割高だけどトゥクトゥクもあり。

小学生くらいなら自転車でも通えるのかな。

ちなみに私は汗だくでチャリ送迎する予定。

10分かからないくらいかな。坂があるのがネックだけど、しゃーないっす。

とても痩せそう~

もしくは余計に食べそう~w

 

そして息子さんとは別に、私もセタコン先生の授業を週イチに減らして新しい先生にタイ語を教えてもらうことになった。

セタコン先生とは違って、英語とタイ語のみ。

まだ始めたばかりで、しかも先生の体調不良でまともに授業できてないけど(一抹の不安w)、話すだけでなく読み書きも重視した授業になる予定。

更に先生はタイ語のみならず英語も早口のため始終ひえぇ~(汗 なんだけど、根っから頑張れないタチなので、少し追い込まないと…と思い決定してみました。

劣化の一途を辿る脳細胞にムチ打って、頑張ろう!と思ってます!

(って言っとけばやらなきゃいけなくなるよねきっと。っていう。笑)

 

うりゃ~! 

ふぅ~

今日もマオマオ(酔っぱらい)。←全然ダメw