読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

タイ生活497日目。祭りのあと。

雨季の終わりで川の水がたくさんあるこの時期、タイ全土でボートレースが開催される。

日にちや詳細は地域によるそうですがよくわかりません(調べる気がない)。

※ネットで拾いました

 

私の住む町では先週の9日~11日に開催された。

その一週間前から出店や移動遊園地が出現。

 

 

いつも思うのだけど、歩行者天国にしてくれないだろうか。。

 

本番数日前からはステージも出現する。

 

屋台も並び、爆音で歌や音楽が流れ、みんなで飲めや踊れやの大騒ぎである。

こういう自治体の催し的なもので、老若男女入り交じって大騒ぎできるのってすごいなぁって思う。

子供も若者もおじちゃんおばちゃんも、同じ音楽で歌い踊る。

ステージの前で気持ち良さそうに踊るおっさんや、テーブルやら椅子をステージにして仲間と騒ぐ若者。

日本人なもんで、んまっ こんな時間に…とか思っちゃうけど赤ちゃん抱いて踊ってる人とか。

 

地元のお祭りと言えば小さなトラック型ステージから延々民謡が流れ、前には老人が座っているだけだったのを思い出し、これが南国なのかぇ~と思った次第です。

今でこそよさこいや郷土芸能が路上でパフォーマンスしたりしててそれはそれで見ていて楽しいけど、みんなお行儀よく眺めて拍手を送るだけなので、根本的に何かが違うのだろうなぁと思った。

 

仲良しのgirlちゃんと連日のように通った息子さん。

「暗くなったらすべり台のところに行くんだよ!」と言うようになってしまってた。

日課ww とか思ったけど、今だけだしなぁ、っていうのと、

小学生も容赦なく上から降ってくる角度のおかしなすべり台や、怖がって初めはできなかったトランポリンで楽しそうに遊ぶ息子さんの姿に成長を感じちゃったりして、夜な夜な遊びに連れて行ってしまったダメ親です。

周りの子の遊び方が激しすぎて、ちびっこの親的にはちょっとハラハラもするのだけど、そんな中果敢に遊ぶ姿にたくましさを感じちゃったりもする訳で。

日本だったら即撤去なんだろうなwwなんて言いながら眺めてました。

 

電車に乗り、

 

飛行機に乗り、

 

ラジコンで遊び、

 

なんと初ダーツでぬいぐるみをゲットしたり、

 

色塗ったり。

 

これは私もつい本気でやってしまった。。楽しかった。笑

ででーん! 

 

5バーツ貯金するんだ~w

 

あとは、飲んだ後に一緒に観覧車に乗って気持ち悪くなったりなどしました。。

もう乗らない。

 

最終日は私の好きなお店で少し飲んで帰って来た。

ティッちゃんに連れて来てもらった、うどん入りのソムタム(これ食べたさ)が美味しいし雰囲気も良い道端のお店。

子供たちはゲロ甘のシェイク。 

こういうとこもたまにはいいよねぇ~なんて言いながら、まったり。

いつの間にか子供たちはお隣のテーブルのおじさんに全力で遊んでもらっていた。

ふたりとも汗だく。w

 

その上またシェイクを買ってもらっていて、タイ人やさしす~としみじみ。

現地人の子がこんなふーに遊ぶ姿を見たことがないのだけど、日本人というかうちの子たちの警戒心のなさがおかしいのだろうか。w

 

ちなみにボートレースは見に行ってませんw

だって昼間はクソ暑いんだもんww

 

楽しかったからいいのだ!

 

冬休みに入ってから、毎日のように一緒に遊んでたgirlちゃん母子は、悩んだ末の一時帰国を本日決行。

今朝バス停まで見送りに行って来た。

旦那さんが来ることは叶わず、帰国を決めたのだろうけど、今朝も浮かない顔をしていた。

普段はなにも気にしない生活をしていても、ふと頭をよぎる色んなこと。

家族との時間。子供の健康。子供の将来。目に見えない放射能。事故前と変わらない生活を送る故郷の人々。

めぐる思いは複雑です。

日本では子育てしたくないと逃げた私だって、家族は切り捨てられない。

会わせてあげたい。でも怖い。後悔しないためにはやっぱり帰ってはいけないのだろうか。。とか。

旦那様であり子供の父親となるとまた違うんだろうしなぁ。。

 

なんにしても、無事戻ってくることを祈るばかり。

帰って来たら、また一緒に遊ぼうね^^