読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

ビエンチャン、VISA取得の旅。~薬草サウナ編~

マレーシアもいいな。ベトナムもアリ?なんて考えつつも、距離や費用、慣れなども考慮して今回ビエンチャンを選んだ訳ですが、もうひとつけっこうでかめの要因があった。 

それはVISAのことを調べるうちにとあるブログで見かけた「ビエンチャンといえば薬草サウナ」という文字。

 

ななななんという魅惑的な響き!

 

温泉や健康ランドに設置されているいわゆる普通のサウナは好きでもないし興味がない私だけど、「ハーブの香りムンムンのサウナ」と聞くと食指が動きまくり。

なんでも別料金でコーヒーやミルク、ヨーグルト、はちみつなど好きなものを選んでパックを作り、それを全身に塗りたくってハーブをがんがんに焚いたサウナに入る。

熱くなったら水で汗を流し、飲み放題のハーブティーを飲み、またパックを塗ってサウナに入る。

気持ちいいだけでなくお肌がぷるっぷるになるとか。

入浴料とパック代を合わせても150バーツもしない。

これは超行きたい~~~ と、ビエンチャン行きの後押しをした訳です。

 

VISAの必要書類を調べたり、チケットやホテルを探す傍ら薬草サウナを検索しまくり。

どうやらビエンチャン内にいくつかあるようだった。

いいなと思ったホテルと薬草サウナのお店の距離を調べて地図をプリントアウトするなど仕事どころではなかった。(サーセン)

 

そうして、VISA取得の件はまた次回にでも書くとして(w)、領事館にVISA申請に行ったあとホテルのプールで少し遊んで、軽くお昼を食べていざ念願のサウナへ!

13時オープンとのことだったので、潰しましたよ時間を。

さて行こうと息子さん1を促しふと顔を見るとなんか変。

泳いだあとの食堂でこれでもかとばかりに子猫と戯れた息子さん1の顔や手に湿疹ができ始め目が腫れていた。

猫アレルギー!?

猫が7匹もいる実家では平気だったのに、やっぱり外飼いの猫は違うんだろうか。

治まるまで待つぐらいしか対処法が思いつかなかったので、よくシャワーしなよと言ってそのまま連れてったけど。

 

息子さん1、鼻はぐずぐず、痒いのかしきりに目をこするのでやめなと言いながら歩くこと数分。

メコン側からChao Anou Rdという通りを少し入った右手にあるレストラン横に、「HERVAL SAUNA」と書かれたネットでチェック済みの看板を発見。

この通りの川沿いの角にあるInter City Boutique Hotelに泊まったことがあったので場所はわかりやすかった。

看板のある路地を奥に進むと、発見しました薬草サウナ。

IMGA0441.JPG

子連れはダメって言われたらどうしよう~とダメ元で来たけど、あっさりOKしてくれた。

サウナの前で遊ばせてればいいよ~とのこと。

そのつもりで来ましたとも!と一気にテンソンが上がった。

 

入浴料を払うと、ロッカーの鍵と、ハーブティー用のコップ、それからチューブトップ型のワンピース状になった体を隠す布を貸してくれる。

男性には腰布。

サウナやロッカー、シャワーは男女別々。いくつかテーブルが置かれ、その上にはハーブティーのポット。 

IMGA0445.JPG

シャワーと言っても水を手桶で汲んでかぶる仕様。

息子さん1は痒みが少しましになるのか延々浴びていた。

ちょっと!お願いだから2のこと見ててよ~!と何度叫んだことか…(サーセン)

 

入口にはコーヒーやはちみつ、ミルクやヨーグルトなど色々なアイテムが陳列されていた。

市販のパックの牛乳とかヨーグルトなのね。そのヨーグルトは思い切り加糖でわ。。とちょっと思ったけどまぁ食べ物だから安全ということで。笑 

IMGA0442.JPG

店員さんにおすすめを聞くとお肌のためならタマリンドウかコーヒー。コーヒーはスクラブ効果があるよと言う。

ちょっと迷ったけど、「タマチャー(自然)」という言葉に惹かれてタマリンドウにした。

お金を払って受け取った私のパック。 

IMGA0443.JPG

なんかちょっとうける。

タマリンドウにミルクをぶっかけて手でぐっちゃぐっちゃこねる。

ココナッツオイルを持参して入れるとさらに効果アップと書いていた人がいたので入れましたよもちろん。持ち込みも自由で好きなものを持ってこられるみたいです。

 

微妙な香りを放ちながらタマリンドウ色のパックがすぐにできた。

余ったミルクは息子さん2のおもちゃに献上。(食べ物で遊んではいけまs)

出来上がったパックを顔にぬりぬり腕に足にぬりぬり、ちょっと隠しながら胸やおしりにもぬりぬり。

「ママ汚い!」という息子さん1の暴言を聞き流し女性用サウナへ。 

IMGA0444.JPG

少しだけ隙間があって光は入っているものの中は真っ暗。

5,6人も入ったらぎゅうぎゅうになりそうな空間。

けっこう熱い。息をすると鼻の中が痛い。けどハーブのいい香り。

少し座っただけで汗なのかハーブのミストなのかパックがどろどろに。

でもいい香りだしなんだかとても気持ちいい~

これはいい~~

とご満悦な私。

 

息子さん2がぐずり出したら手桶に水を汲んであげたり牛乳パックで遊ばせたり息子さん1にかまってあげてよとお願いしながらなんとか3回ぐらいはサウナに入れたけど、時間とともに子供たちも飽きてきて帰らざるを得なくなってしまった。

一時間もいられただろうか。

私より先に来ていた女性に「もう帰るの?」と言われ、子供が持たないんだと答え後ろ髪をひかれながらシャワー室へ。

ひとりで待っていられないだろうと息子さん2を連れて入ったものの水がかかってギャン泣き。

もう洗うのはホテルでいいやと顔だけちゃんと水で流して、ハンカチタオルで軽く拭いて着替えて帰った。

 

バスタオル、石鹸、シャンプーなどはございませんのでアテクシはきっちり綺麗にして帰りたいのッッという方は持参をおすすめしますが、私のような人には特に問題ないと思います。

 

いやでもほんと、良かった。

気持ちよかった~~

何度となくビエンチャンに来ていたのに、なぜもっと早くこの情報にたどり着けなかったのかと悔やんだよね。

ああもう子供らが限界だなと思いながら最後に入ったサウナがほんと気持ちよくって、少しでも長く入っていたい~と願ったけど無理でしたハイ(涙目)。

またビエンチャンに来ることがあったらひとりで来たい。。

ひとりでは無理だろうからせめてもう少し子供が大きくなっててゲーム機かなんか与えて待っててもらいたい。。

3時間くらいゆっくり楽しみたかったああああ

と心の底から思いました。

 

ホテルに戻ってシャワーを浴びて、子供たちにお昼寝させながら自分の肌の感触を確認したら、たしかにすべすべしてて気持ちよかった。

次の日にはもとに戻ったような気もするけど、もっと時間をかけてゆっくり入ったらきっともっとお肌ぷるぷるになれるんだろうなぁ。

もう飽きた~と思ってたビエンチャンに新たな魅力発見。また来たいと思ってしまっ

た。

パックなしで薬草サウナだけでも気持ちいいので男性にもおすすめです。

別料金でマッサージもあるので、サウナとマッサージのセットも至福かも~。

 実際、お茶しに来たの?みたいなかんじでまったりしてるふたり連れの男性客もいたし、ひとりで来てる人もいたのでけっこう男性客多いんだろうなぁ。

ゆるゆると流れる時間も心地よいお店でした。

 

あーもっと居たかったよ~(しつこい)。