読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

タイ生活794日目。ただいまターボ。からの、市役所で婚姻届け。

目を覚ますともう7時だった。

だいぶ深く眠ってたらしく、少しスッキリしていた。

やっぱりバスより寝台列車の方が全然いいや。と思った。

  

カーテンの向こうからはいつものガッフェ~ガッフェ~とコーヒーを売り歩くダミ声と、もうすぐウドンタニー駅だというアナウンス。

夜行バスで配っていたサービスのコーヒーには手を出す気にならなかったのに(イライラしてたからw)、夜行列車の朝のコーヒーは欠かせない私。

ゲロ甘覚悟で頼んだら、今回は砂糖とミルクが別になってるインスタントだった。

25バーツ。75円。インスタントの値段考えたら高いけど、バンコクから帰ってきた~とホッとするお値段だった。笑

 

ウドンタニー駅を過ぎて10分経っただろうか。乗務員が次はノンカイ駅だ。あと5分だ。ベッドを片付けさせてくれと言って回り始めた。

ウドンタニーからそんな早く着くんだっけ?車で1時間~1時間半かかるんじゃない?と少し不思議に思ったけど、立ち上がってベッドを座席にする作業待ち。

荷物をまとめていつでも降りられるようにした。

斜め後ろの座席に日本人男性がいて話しかけられた。

バンコクに住んで日本語を教えてるというリタイア組の方で、ラオスに行くと言う。

休みにあちこち行くのが好きだと言うその人の話を聞いてるうちに、30分は過ぎていた。

その間もコーヒーだ朝ごはんだと売り歩く声は絶えず、もう終点に着くようにはとても思えなかったけど。

 

しばらくするとさっきあと5分だと言って歩いていた乗務員があと1分でノンカイ駅だと言いながら歩いてきた。

彼はどういう時間感覚をしているんだろう。

ベッドから乗客をどかすために盛ったのかな。w

 

少し走ると本当にノンカイ駅に到着。

到着予定時間より15分遅れという早さ。

ノンカイ→バンコク行きは2時間遅れがデフォ。逆もそうかなと思っていたのでバオにゆっくり迎えに来てと言ってしまっていた。

もちろんまだ家にいたし、少し雨が降っていたからソンテオで帰ると車内から電話は入れていたけど。

 

駅前で待ち構えているサムロー(トゥクトゥク)に乗り込みバスターミナルへ。

ターボ行きのソンテオは30分後に出ると言うので、パンをかじりながら待った。

ぎゅうぎゅうじゃなかったおかげで少しゆったり座って帰ってこれた^^

バオがターボのバス停で待っていてくれたのでバイクで帰宅。

家に戻り洗濯物を洗濯機に突っ込んでいるとバオが早く市役所に行こうと言う。

終わったら仕事に行かなくちゃいけないし、10時だからもう混んで来ちゃうよと。

そうでしょうね~とは思いつつも、シャワーも浴びずに婚姻届けか~… と少し哀しい気持ちにもなった。w

 

書類を持って、途中でコピーしてから市役所へ。

汗にも負ケズ。埃にも負ケズ。

髪の毛くっさ。とか思いながらの婚姻届け。 

ビザのためだし仕方ないけど、おめでたさとかムードとか微塵もないわね~w っていうねw

 

そしてやっぱ市役所だし待たされる訳で。

慣れていないのもあるんだろう。仕事が遅い遅い。

待つのが大嫌いなバオは、仕事に行かなければいけないこともあり15分も待つとちょっと不機嫌になっていた。

外務省で修行した私には屁でもなかったけどね。

一緒に行かなくて正解だったな、バンコク。

 

書類を提出してからしばらく経ってから職員がお母さんの身分証と本人のサインも必要だと言い出す。

最初に言わないところがなんともアレっつーか。てかまたお母さん要るんかい!みたいな。

電話してバオのお母さんをお呼び出し。

市役所がお昼休みになっちゃうんじゃと心配なバオが、なんで家から来るのにこんなに時間がななるんだとイライラしてたけど、程なく妹さんが連れて来てくれた。

 

お母さんと3人で何枚か書類にサインをすると、無事に婚姻証明書を受け取れた。

新しいタビアンバーン(住民票みたいなやつ)は後日ということで証明書のみ。

ネットにあった、届け出当日でなければ発行してもらえないのでもらっておいた方がいいという「家族状態登録簿」とかいう書類は、日本に婚姻届けしてからじゃないと作れないと言われてしまったのでこれまた後日。

できたての婚姻証明書を持って市長?なのかなんか、一番偉そうな、ずっと座ってるだけのおっちゃんのデスク前にふたり並んで座らされて、彼のハンコとサインを頂戴した。

8月6日、ハムの日(てきとー)。ていうか広島平和記念日でしたね…

めでたくタイでの婚姻は完了したようだった。

 

日付を選ぶ余裕なんかなかったけど、日本の友達が大安だよ~って教えてくれたのでまぁ良しということに。。笑

バンコクに行く前にバッテリーが壊れてしまった私のバイクを近所の修理屋さんに持って行き、向かいのお店で朝ごはん。というかもうお昼だったので昼ごはんか。

バオは急いで仕事に行かなきゃといなくなってしまったので息子さんとふたりごはん。

カオマンガイ大盛りを平らげて更にごはんだけもっと食べるとぐずるので、洗濯物のことを考えて持ち帰ることにした。

 

再婚したのか~

できたのかなほんとに。ぐらい実感はなかった。笑 

とにもかくにも家族ビザ申請に必要な婚姻証明書は手に入れられた訳で。

良かった良かった。です。

 

帰って洗濯しつつ、翌日に迫ったラオス行きの準備をしつつ、息子さんにごはん食べさせつつ。

シャワーしてなんとか3時近くにはベッドにたどり着き、待望のお昼寝ができた。

あと2日。

あと2日で一段落。

がんばれ私。そしてがんばってね息子さ~ん>< みたいな。

 

夜仕事を終えたバオが来て、しみじみ証明書を眺めながら、なんで名字変わってないの。なんで言わないの~とか言うから、イヤ言ってよ!そっちこそなんで言わないのよ~とかいうやり取りを。

職員との会話を全部バオに任せたのがいけなかったのか。

前からバオの名字にするって話してたのに。(まぁ別にどっちでもいんだけど、バオがそうして欲しそうだったのもあり。)

大丈夫だよ後ででも変えられるしって言ってたけどさ。

なんか壊れたとかそういう時はすごく頼りになるけど、役所関係は頼りない気がすごくする… 笑

ま、名字なんかよりはまずビザだし!ってことで、

 

お次はいざビエンチャンです。

 

アクティブな妊婦~ w