読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

追記。待望の出会い。

たっぷり夕方までお昼寝した息子さんと部屋でじゃれてたら、

「shopping shoppi~ng」とママが登場。

急いで支度をし、車でおでかけ。

目的地はバンパコン郡の役場。すぐ側に川があって、出店も出るんですよとご主人。

 

着いてみたら見覚えが。

ママの用事でついてきて、一度ブランコで遊ばせた公園がある場所だった。 

 

その横では必殺エアロビ教室w

ちょいちょい見かけるんだけど、タイで流行ってるんだろーか。しかも外って…暑そー><

 

役場の建物に向かって反対側に行くと、川が流れてました~

子供たちおおはしゃぎ。柵を乗り越えて落ちるんじゃないかとヒヤヒヤしながら追いかけるハメに。

 

よく見かける食べ物の出店の他に、かわいいビール屋さんも。

この入れ物↓でビールを買って、食べ物も買って、

 

こんなかんじ↓でみんなで飲むんだって~

気持ちよさそう(*´∇`*)

 

暗くなると蚊が多いらしく、食べ物を少し買って帰ることに。

車に乗ろうとしたらママがおいでおいでと言うので来た道を戻ると…

 

いましたー♡

 

やっと会えた♡

 

象さーーーん♡

至近距離で象を見るのは初めての息子さん(そりゃそうか)。

この象はエサをあげることができるだけの象で、乗ることはできないタイプらしく、けっこう小さかった。まだ子供なのかな。

それでも息子さんにしてみたらかなりでっかい動物な訳で。

 

以外と怖がらずに「すごいねぇすごいねぇ」と見てたので、ひと袋20バーツ、みっつだと50バーツのエサを購入。せっかくなので50バーツ(135円くらい)。

小さなビニール袋に、サトウキビが5本でひと袋。×3。

 

を、受け取った途端に象がエサ目掛けてのっしのっし向かってくる。今まで平気で見ていた息子さん悲鳴をあげ逃走www私爆笑www

しかたなくひとりでエサをやることに。

 

見てたら象使い?の人は5本まとめてあげてたので、真似して差し出すと、私の手ごとくるんと鼻で掴んで、器用にサトウキビだけ取ってった。

象に乗ったことはあるけど、鼻で触られたことはなかったからちょっとドキドキしたー

不思議な感触だった。

 

もうひと袋は息子さんを捕まえて一緒にあげたよ。

 

最後のひと袋は、せっかくなので一緒にいた疎開ママさんに。

ものすごいへっぴり腰に笑わせていただきましたw

エサ寸前で投げちゃうから象さん拾って食べてたしw

やっぱちょっと怖いんだね(´ρ`)

 

帰り際、車の中で「象さんこわくないよ」と言う息子さんにも笑った。

 

次は象さんに乗れるといいな~(*˘︶˘*)♡