読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオティーサバーイジャイ生活@タイ

เอาที่สบายใจ(アオティーサバーイジャイ) どうぞお好きなように~ Amazingなタイランドでの日々。

MENU

思い出帳。バンコク初日。サイアムパーク。

夜行列車のつづき。忘れないうちに書くのだ!(もう危ういけどw)

 

友達がバンコクに着くのは夕方。それまでは息子さんとデート。ということで…

ファランポーン駅のカフェで簡単な朝ごはんを済ませ、タクシーに乗りサイアムパークへ。

バンコク市内は買い物ぐらいしかすることないし、お寺見に行っても喜びそうにないし、どうしよう…と思いながら、ネットで色々調べてたら、バンコクにもアミューズメントパークがあることを初めて知ったので、その中のひとつ、サイアムパークをチョイスしていた。

 

知らなかったけど、けっこうあるんだねぇ。

タイのディズニーランドと言われてるドリームワールドも気になったけど、プール好きな息子さんが喜ぶことを期待して、プール&遊園地のサイアムパークにした。

 

バンコクからタクシーで一時間くらいと書いていたのにあっさり30分で到着。

高速代と会わせても300バーツかからない。けっこう乗っても1,000円もしないのは有り難いです。

 

こちらが入り口。

開園前に着いてしまい、少し時間を潰しながら待つことに。

 

中はこんなかんじー

 

お目当てのプールゾーンはかなり奥だった。

予想よりも敷地が広く、だっこをせがむ息子さんを仕方無くキャリーバッグに乗せ汗だくで歩く。

ひーひー言いながらやっと到着~

ロッカーを借りて…と思いきや小さいサイズのものしか見当たらず、聞くとインフォメーションまで行けと言われてガラガラ息子さんを引きずってまた歩くハメに↓

 

あっち行ったりこっち行ったり、やっとプールに入れた時にはもうだいぶお疲れっていうww

波の出るプールに、流れるプール、ウォータースライダーやすべり台なんかもあってけっこう充実してた。

流れるプール全然流れてなかったけどwww

ただ身長制限で息子さんはウォータースライダーとか乗れず↓

残念だなぁと思ってたらこじんまりとしたちびっこ用すべり台も発見。

けっこう楽しんでたのでよかった^^

 

息子さんが意外と気にいってたのがこちらのすべり台の見学。

しばらく下のプールのとこから動かなかったなぁ。

遠目に見ると穏やかなかんじなのにものすごい勢いで滑り落ちてくる。

中にはプロですか?と聞きたくなるような、滑ってきてそのままプールの端まで水の上を滑っていく達人もいて、見てるだけでも楽しかった。

あとピッタリ系の水着の方はもれなく半ケツになってたのでそれもまた一興w

 

昨日も食べたカオマンガイを飽きもせずに食べ

 

小さいプールで女の子を追いかけまわし

まだ遊ぶ~とぐずる息子さんを無理矢理引き上げ遊園地ゾーンへ。(遊園地にも行けるチケット買ったのにもったいないジャン的発想w)

 

作り物感 満載のジャングルクルーズに乗り、

 

 

ボートとほぼ同じコースを辿る列車にも乗車。

途中ちょっとだけ裏に入ったと思ったら…

何故か鹿だけ本物っていうww

 

そのあとジュラシックパークにも。

これは本物のジープを係りの人が運転してくれて、ちょっと楽しかった♪(恐竜はアレだったけどw)

 

からの~

 

お約束のような豪雨w

少し雨宿りして、雨が弱くなったところを見計らって退散。

タクシーをやっとの思いで捕まえ、バンコク市内に向かったら、見事な渋滞にハマり↓

行きよりもだいぶお金と時間がかかった。泣

それにしてもここは身長制限厳しくて、なにからなにまで息子さんが乗れなかった。

ちょっと残念だったなー

 

かなり遅刻しながら友達と合流し、サイアムパラゴンで遅めの夕食。

疲れたのかほとんど食べずにぐずる息子さんと、スタッフの方がめっちゃ遊んでくれて、なにげにゆっくりごはんが食べれた♡

お店けっこう混んでたのに、むしろ進んで息子さんをかまってくれて、なんかタイ人の心の余裕みたいなものを感じた。

ほんとどこ行ってもみんなやさしくて感動~

コップンカー(*´人`*)

 

食後に、私がアロマオイル物色してる間にお店のお姉さんとも楽しそうにしてたしw

友達もタイ人の子どもに対する態度に感動してマシタ。

 

バンコク滞在は友達のホテルに便乗お泊まり♪

センタラグランドホテル。新しくて綺麗だった~

便乗してセレブ気分満喫してきたぉww

 

つづくYO☆